CSRコンセプト

CSR基本方針

西部ガスグループは、地域社会との共生を実現し、真に価値ある企業市民となるために、あらゆるステークホルダーとのコミュニケーションを大切にし、「経営理念」「企業行動指針」に基づき、日々の事業活動を通じて、社会的責任と使命を果たし、「持続可能な社会の発展」に率先して取り組んでまいります。

CSR基本方針

経営理念

企業行動指針

CSR活動について

当社のCSRは、社会的責任の国際規格「ISO26000」を参考にして、「5つのCSR重点課題」を設定し、ステークホルダーからの期待と要求に対して、 CSRマネジメントを実施し、企業価値向上を図ってまいります。

ステークホルダーと5つのCSR重点課題

  • セーフティーバリュー
  • 環境への貢献
  • 地域社会への貢献
  • コンプライアンスの推進
  • 人を活かす取り組み
ステークホルダーと5つのCSR重点課題 セーフティバリュー 環境への貢献 地域社会への貢献 コンプライアンスの推進 人を活かす取り組み

お客さま、株主・投資家、地域社会などへの情報開示と対話を行い、その結果を各部署で共有し、CSRの取り組みに反映していく「8の字のループ」をつくっていくことで、各部署が連携してCSRの取り組みをレベルアップしてまいります。

全社的なCSRのレベルアップ

引用:株式会社イースクエア

  • セーフティバリュー
    (安心・安全・サービスの向上)

    • ・製造(工場)の保安・防災
    • ・供給(ガス導管)の安全
    • ・お客さまの安全
    • ・お客さまサービスの向上
  • 環境への貢献

    • ・環境基本方針
    • ・環境マネジメント
    • ・お客さま先の環境負荷低減
    • ・事業活動の環境負荷低減
    • ・地域環境保全への貢献
    • ・環境関連技術の研究推進
  • 地域社会への貢献

    • ・地域社会環境保全・美化活動
    • ・地域・社会貢献活動
    • ・次世代活動
  • コンプライアンスの推進

    • ・西部ガスグループコンプライアンス方針
    • ・コンプライアンス研修の実施
    • ・コンプライアンス相談窓口
    • ・コンプライアンス意識調査の実施
    • ・情報セキュリティ
  • 人を活かす取り組み

    • ・ダイバーシティの取り組み
    • ・ワーク・ライフ・バランスの推進
    • ・健康増進と労災事故等の防止

なお、「5つの重点課題」で推進してきた取り組みは、下図の通り、持続可能な開発目標(SDGs)※の17の目標のうち、10の目標に該当しており、引き続きSDGsの達成に貢献してまいります。

SDGSへの貢献
※持続可能な開発目標(SDGs)

「持続可能な開発目標(SDGs)は、2015年9月、ニューヨークの国連本部で開かれた「持続可能な開発サミット」において採択された「我々の世界のを変革する:持続可能な開発のため2030アジェンダ」で掲げられた目標で、193の加盟国の全会一致で採択されました。2030年を目指し、先進国と途上国が共に取り組むための17の目標と、それぞれの下に169の具体的なターゲットが定められています。

17の目標を示すアイコンとロゴ
  • 1.貧困をなくそう
  • 2.飢餓をゼロに
  • 3.すべての人に健康と福祉を
  • 4.質の高い教育をみんなに
  • 5.ジェンダー平等を実現しよう
  • 6.安全な水とトイレを世界中に
  • 7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 8.働きがいも 経済成長も
  • 9.産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 10.人や国の不平等をなくそう
  • 11.住み続けられるまちづくりを
  • 12.つくる責任 つかう責任
  • 13.気候変動に具体的な対策を
  • 14.海の豊かさを守ろう
  • 15.陸の豊かさも守ろう
  • 16.平和と公正をすべての人に
  • 17.パートナーシップで目標を達成しよう
  • SDGs

CSR推進体制

「CSR 委員会」を設置して、CSR活動を統括推進及び評価・チェックし、透明性・公正性を確保します。

CSR連絡体制