ご家庭のお客さま > エネルギーを考えよう(節電) > エネルギーを創ること

マイホーム発電 エネルギーを創ることも節電につながります

マイホーム発電で、エネルギーを大切に使う!

これから「節電」を考えるなら、”大きな発電”の電気を減らす“創エネ=マイホーム発電”という新しい方法があります。

電気をつくる暮らしは、節電にもつながります。
家庭で使う電気を自宅で作れば、購入電力量を減らすことができ、節電にもつながります。社会全体の節電を考えても、電気をつくる暮らしは新しい潮流といえそうです。

  • エネファームの詳細はこちら

1.電気の使用場所で発電すると、エネルギーがムダなく使えます。

図:従来のシステム(火力発電)

家庭のエネルギーの多くを占める電気。遠くでつくって運ばれてきます。

電力会社の電気は、遠方の大きな発電所などでつくられています。
発電時に発生する熱を利用できなかったり、各家庭へ送る間に送電ロスがあるなど無駄が多くなります。このため、家庭で使うときには、もともとのエネルギーの約40%しか利用できません。

図:マイホーム発電(エネファーム)

マイホーム発電なら、エネルギーの利用効率は2倍になります!

これからの理想とする暮らしは、エネルギーを節約するだけでなく、自然エネルギーを生かしたり、新たなエネルギーをつくり出したりすることで、快適性や利便性を損なわずに、多くのエネルギーを使わなくてすむような暮らし。
そんな暮らしをマイホーム発電が叶えます。

※LHV(燃料ガスを完全に燃焼させた時に水蒸気の凝縮潜熱を差し引いた発熱量)

2.家で電気を創り、その場で賢く使う新しくてかしこいエネルギーの使い方

自宅で発電すれば、電気料金の節約になり、しかも太陽光発電は余った電気を売ることもできます、さらに「ダブル発電メリット」がプラスされるなど、メリットがいっぱい。
エネファームを導入した場合の光熱費は、従来のガス併用住宅と比較して、年間約15万円もお得になります。

※太陽光発電+マイホーム発電=ダブル発電ならもっと省エネ、もっとお得な生活に!
※ダブル発電に、さらに蓄電池を組み合わせ、電気と熱をかしこく「創る・貯める・使う」ことにより、快適で環境にやさしい暮らしを実現する住宅を開発中です。

ダブル発電ポイントをプラス

西部ガスでは、ダブル発電を導入されたお客さまへ、1kWhにつき7ポイントの「ダブル発電ポイント」をプラス(1ポイント=1円)。ポイント提供は開始から120ヶ月です。

※1kWhあたりのポイント数やキャンペーン期間、太陽光発電における買取条件、買取期間などは諸般んほ事情により変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

売電価格がオトク

太陽光で発電した電気、自宅で使って余った分は、電力会社に売ることができます。

各データの出典