ご家庭のお客さま > ガス機器 > 床暖房 > 教えてガスなんでもQ&A

床暖房

教えてガスなんでもQ&A

戸建ての新居を検討中なのですが、実際のところ床暖房の耐用年数って何年くらいなのでしょうか?
設備としての耐用年数は、建物の寿命相当の耐用年数(30年程度)に耐えられます。
床暖房の場合、その大部分が床仕上げ材や壁といった内装に包まれており、居住者がひと目で状態の把握をすることは難しいものがございます。
だからこそ、安心してご利用していただくために、床暖房の部材である温水マットもや温水パイプ、また継手に関しても、耐熱・耐食性、耐荷重性について、冷熱繰り返し実験、連続通湯実験、荷重耐久試験等、50年相当の耐久試験を実施しております。 ご安心して床暖房をご利用ください。
ガス温水式床暖房って、操作が難しくないですか? 私たちでも大丈夫…?
ご安心ください。リモコンのボタンひとつで、どなたでもカンタンに操作できます。
ガス温水式床暖房のリモコンは、ご希望の温度を一度設定しておけば、後は毎日「運転ボタン」をポンと押すだけ!
タイマー設定なども2〜3回お使いいただければ、使い方もご理解いただけるかと思います。
また、家のどこからでも操作できる、使い勝手の良いコードレスタイプ、薄型で操作も分かりやすいスタイリッシュなタイプなど、お好みやライフスタイルに合わせてお選びいただけます。
リビングに娘のピアノを置きたいと思っているのですが、床暖房は大丈夫でしょうか?
ピアノなどの重量物を置く床部分には、どうしても一点に集中荷重がかかるだけでなく、ピアノ自体に床暖房の熱が伝わって乾燥しないためにも、ピアノだけでなく家具などの重量に対応できる強度の専用床材を敷きますので、今までと変わらず快適な空間でピアノをお楽しみいただけます。
温水パイプが水もれする心配はないのでしょうか?

温水式床暖房は、床下に温水パイプを張り巡っておりますが、施工の際に規定の高水圧をかけて、十二分な加圧試験を行いますので、水漏れの心配はございません。

ちなみに、その温水パイプは、耐圧、耐熱と耐久性に優れており、飲用水用の水道管にも採用されている架橋ポリエチレン管を使用しております。
建て替えを考えていますが、「祖母のためにも床暖房を入れたいねぇ…」と話していたのですが、温水の水って腐ったりしないのですか?
ガス温水式床下暖房の温水パイプは、半密閉回路ですので、空気に触れることがないので水が腐ることもなく、安心してお使いいただけます。 また、暖房を使わない季節に水を抜く必要もございませんし、夏場でも自動的に循環運転を行いますので、水が詰まることもございません。
床暖房は「頭寒足熱」でよいとは聞きますが、具体的になにがどのように良いのでしょうか?
寒い季節にエアコンをフル稼働すると、顔は温風でほてってくるのに対し、足先はいつまでも冷たい…というご経験はございませんか
電気エアコン暖房の温風だけでは、お部屋の上層部はそれなりに暖まりますが特に床面が充分に暖まらないので、頭や顔は火照って足もとはひんやりしたまま、という状況が続きます。
対してガス温水式床暖房では、室温設定20℃で、床表面温度は29℃。足もとからお部屋全体を暖めるので、頭はスッキリの頭寒足熱の状態です。この状態ですと、お子さまは勉強に集中でき、女性やお年寄りには冷え性、関節痛もやわらぐ理想の暖房とされております。 ちなみに、被験者実験では、22℃以下の床温度では、冷たく「不快」に感じるという結果が出ております。


商品ジャンルから探す