印刷

エネ・シード(株)とエネ・シードNOK(株)の合併について

2019年6月28日
 西部ガスグループのエネ・シード株式会社とエネ・シードNOK株式会社は、2019年7月1日付けで合併します。
 当社グループの再生可能エネルギー事業は、事業ごとに最適なスキームを検討し、他事業者との共同事業形式(共同出資して事業会社を設立)、もしくは当社グループの単独事業形式で取り組みを行っております。
 このたびの合併は、単独事業形式で運営している両社がもつ太陽光発電事業の経営資源を、再生可能エネルギー事業の統轄会社であるエネ・シード株式会社に集約することで、グループ事業の効率化・最適化を図るものです。
1.合併当事者の概要
エネ・シード株式会社 エネ・シードNOK株式会社
本店所在地 福岡市博多区千代一丁目17番1号 福岡市博多区千代一丁目17番1号
代 表 者 代表取締役社長 有吉 雅英 代表取締役社長 西野 邦浩
設立年月日 2012年4月2日 2012年7月10日
資 本 金 1億円 4千万円
株主・出資状況 西部ガス(株) 100%出資 エネ・シード(株)100%出資
事業内容 再生可能エネルギー等による発電、
電気の供給・販売事業
太陽光発電事業
2.合併後の状況
(1) 合併会社の社名
エネ・シード株式会社
(2) 事業内容
再生可能エネルギー等による発電、電気の供給・販売事業
(3) 本店所在地
福岡市博多区千代一丁目17番1号
(4) 合併会社の資本金
1億円
3.業績に与える影響
 合併当事者である2社は、当社の連結子会社であり、今回の合併による連結収支への影響は軽微です。
※西部ガスの再生可能エネルギー事業については、別添の「参考資料」をご参照願います。

以上