印刷

原料費調整制度に基づく平均原料価格について
(平成21年1〜3月検針分)

平成20年10月30日

 本日、平成20年7〜9月のLNG等輸入価格(貿易統計値)が発表されました。

 この結果、原料費調整制度において、原料価格の変動が基準平均原料価格の5%(調整バンド)を超えたため、平成21年1〜3月検針分について基準単位料金(平成20年11月改定)に対する調整を行うこととなりました。

 本来の調整額は下記の《ご参考》に記載したとおりですが、当社は現在、経済産業大臣および経済産業省から「激変緩和措置に対する前向きな対応」の要請を受けて、 家庭用など小売規制部門のお客さまを対象に、同期間のガス料金に適用される原料費調整額について、検討を進めている段階です。

激変緩和措置を踏まえたガス料金の調整内容については、決定次第、お知らせいたします。


≪ご参考≫

原料費調整制度に基づく料金調整額(緩和措置算定前)

1. 平均原料価格(10円未満の端数は四捨五入)

7〜9月平均原料価格 基準平均原料価格
78,720円/トン 66,560円/トン

2. ガス料金への影響(消費税込み)

■1m3あたり調整額: +10.545円

■標準家庭の1ヶ月ご使用例

1カ月ご使用量 12月検針分(a) 1〜3月検針分(b) 影響額(b−a)
23m3 5,975円 6,217円 +242円
以上