印刷

業務用厨房での一酸化炭素中毒事故の防止を目指して
「業務用換気警報器(COセンサー)」の無償設置を開始します

平成21年8月28日

 西部ガスでは、業務用ガス厨房機器をお使いのお客さまに対し、「業務用換気警報器(COセンサー) ※以下、業務用換気警報器と表記」の無償設置を9月から開始します。

 当社では、従来から、業務用ガス厨房機器のご使用時の一酸化炭素(CO)中毒事故を防止するため、安全使用の周知を行ってきました。

 しかし近年、換気設備の不使用、給排気設備のメンテナンス不足などを主な原因とした、業務用厨房におけるCO中毒事故が増加傾向にあります。また、飲食店等においては、複数の方が業務に従事することも多いため、換気設備の作動について十分な確認がなされないままに機器を操作される可能性もあり、事故原因になっていると考えられます。

 このような中、当社は、お客さまに安全・安心にガスをご使用いただくため、ガスの使用状況や使用機器を確認したうえで「業務用換気警報器」を無償で設置していくこととしました。これに加えて、換気設備の使用や、設備の点検など安全周知を強化して、CO中毒事故の防止に努めていきます。


<「業務用換気警報器」設置計画の概要>

  1. 1.「業務用換気警報器」について
    厨房環境を監視し、換気が不十分でCOが継続して発生したときなどに、人体に影響が出る前に光と音で警報を発し、換気を促します。※詳細については別紙参照願います
  2. 2.設置対象のお客さま
    業務用厨房設備をお持ちのお客さまで、「パン焼器」・「フライヤー」・「食器洗浄器」・「麺茹器」・「蒸し器」・「回転釜」・「オーブン」を主に使用されているお客さま(約12,000件)を対象として巡回訪問し、ガスの使用状況や使用機器を確認した上で「業務用換気警報器」を無償で設置します。なお、巡回訪問は、本年9月から3ヵ年を予定しています。
【お客さまのお問い合わせ窓口】
  西部ガス 営業設備部 設備管理グループ
    電話(092)633-2251(受付時間:月〜金曜 9:00〜17:45)

≪ご参考≫

■「業務用換気警報器(COセンサー)」について

1. メーカー   新コスモス電機株式会社
2. 型  式   XC‐404EG
3. 大 き さ   幅78×高さ120×奥行31.5(mm)
4. 特  長   ◎人体への影響度(COヘモグロビン濃度)を一酸化炭素(CO)濃度と時間により算出し、人体へ重大な影響を与える前に光と音声で警報を発します ◎温度等の設置環境の影響を受けにくく、CO以外のガスに反応しません(ガス漏れは検知しません) ◎電源配線が不要な電池式です
         
食文化スタジオ完成予想図

以上