印刷

大型LNG受入基地の建設について

平成22年2月18日

 西部ガス株式会社は、平成21年2月から、北九州市響灘地区に大型LNG(液化天然ガス)船の受入可能なLNG受入基地(以下、ひびきLNG基地)の建設について、本格検討を続けてきました。FS(事業化可能性調査)、港湾関係委員会、基本設計等が順調に進み、このたび、同基地を建設することを決定しましたのでお知らせいたします。

 ひびきLNG基地の建設は、

  • 大口産業用分野を中心とする需要拡大に積極的に取組み、低炭素社会の実現に貢献する
  • 高圧導管の整備等により、福岡県の分散している設備を集約し、コストの低減を図る
  • LNG船を小型船から大型船にし、LNG調達の自由度向上とコストの低減を図る

 ことを可能とします。

 ひびきLNG基地は、当社の天然ガス供給基盤を大きく改善する中核基地となるものであり、経営基盤の強化に資するものと考えております。
 当社では、天然ガスの供給を通じて、北部九州の低炭素社会の実現に貢献してまいります。

 
  1. 1.ひびきLNG基地建設計画の概要
    (1) 建設場所 北九州市響灘地区(北九州市若松区)
    (2) 敷地面積 約25万m2
    (3) 主要設備 LNGタンク(18万kl×2基)、LNG気化器、ローリ出荷設備、
    外航LNG船受入バース 等
    (4) 総事業費 約700億円
    (5) 着工時期 平成22年 6月(予定)
    (6) 運転開始 平成26年11月(予定)
  2. 2.建設場所 建設場所
  3. 3.完成予想図
    完成予想図

以上