印刷

家庭用燃料電池「エネファーム」の新型機を発売します

平成25年1月18日

 西部ガスは、平成25年4月1日から、パナソニック株式会社が製造する家庭用燃料電池「エネファーム」の新型機を発売します。

 「エネファーム」は、都市ガスから取り出した水素を空気中の酸素と化学反応させて発電し、発電した電気は家庭内で利用するとともに、その際に出る熱も給湯や暖房に無駄なく活用できる環境貢献型機器です。

 新型機は、世界最高(※1)となる総合効率95%を実現し、同時に部品点数の削減、部品材料の見直しなどにより、価格の低減が図られました。また、バックアップ熱源機の分離や貯湯タンクを小型化するなど機器本体を薄型化したことで、これまで以上に様々な設置スペースに柔軟に対応できるようになりました。

 西部ガスでは、平成21年6月の発売以来「エネファーム」の優れた環境性・経済性が高く評価され、累計販売台数は平成24年12月末現在約1,400台を超えています。
 西部ガスでは、今後も「エネファーム」のご提案、さらには再生可能エネルギーである太陽光発電を組み合わせた「ダブル発電」のご提案を一層推し進めながら、お客さまの快適な暮らしづくりに貢献していくとともに、省エネ・節電・環境の保全といった社会的なニーズにお応えしてまいります。


  主な仕様
性能 発電出力 200W〜750W
定格発電効率 39%(LHV)(※2)
定格熱
回収効率
56%(LHV)(※2)
定格
総合効率
95%(LHV)(※2)
貯湯タンク
容量
147リットル
寸法 燃料電池
ユニット
H1,850mm×W400mm×D400mm
貯湯ユニット H1,850mm×W560mm×D400mm
バックアップ
熱源機
H750mm×W480mm×D250mm(※3)
重量 燃料電池
ユニット
90Kg
貯湯ユニット 55Kg
バックアップ
熱源機
44Kg(※3)
希望小売価格
(税込み・設置工事費別)
2,100,000円(※3)
【新型機 外観・仕様概要】
エネファーム新型機

≪新型機の主な特徴≫

  1. (1)世界最高の総合効率を実現
    本体内部の断熱強化や、発電時に発生する熱を回収する熱交換器の高効率化などにより、排熱回収効率が高まり、総合効率は世界最高(※1)となる95.0%(LHV)(※2)を達成しました。
  2. (2)設置性の向上
    現行機と比べ、設置に必要な奥行が920mmから860mmとなりました。また、貯湯ユニットからバックアップ熱源機を分離することにより設置自由度が向上し、設置スペースに制約がある場合も導入しやすくなりました。
  3. (3)発売価格の低減
    新型機のユニットの構成変更や「燃料電池ユニット」の部品点数の削減、軽量化、発電を行う「スタック」などの基幹部品を小型化することなどで、価格の低減を実現しました。
  4. (4)リモコン表示をカラー化し、大型化
    新型機のリモコンは初めてカラーディスプレイ表示となりました。さらに新ボタンの追加などにより、発電実績や電力自給率などの視認性が大幅に進化しました。また、現行リモコンと比べ、液晶画面が3.5インチから4.3インチと大きくなり、より見やすくなりました。
※1 家庭用燃料電池コージェネレーションシステムにおいて(平成25年1月18日現在、西部ガス調べ)
※2 LHV(低位発熱量基準):燃料の持つ発熱量から、燃焼によって生じる水蒸気の潜熱を差し引いた発熱量
※3 暖房・追いだき・給湯機能を装備した標準タイプ(暖房能力17.4kW)の場合
コンパクトタイプ(暖房能力11.6kW、寸法H600mm×W470mm×D265mm)もお選びいただけます

≪ご参考≫

家庭用燃料電池「エネファーム」新旧比較


  <新型機> <現行機>
外観 新旧外形図
リモコン 新旧リモコン図
仕様
発売日 平成25年4月1日 平成23年4月1日
性能 発電出力 200W〜750W 250W〜750W
定格発電効率 39%(LHV)(※1) 40%(LHV)(※1)
定格熱回収効率 56%(LHV)(※1) 50%(LHV)(※1)
定格総合効率 95%(LHV)(※1) 90%(LHV)(※1)
貯湯タンク容量 147リットル 200リットル
寸法 燃料電池ユニット H1,850mm×W400mm×D400mm H1,883mm×W315mm×D480mm
貯湯ユニット H1,850mm×W560mm×D400mm H1,883mm×W750mm×D480mm
バックアップ熱源機 H750mm×W480mm×D250mm(※2) (貯湯ユニットに内蔵)
重量 燃料電池ユニット 90Kg 100Kg
貯湯ユニット 55Kg 125Kg
バックアップ熱源機 44Kg(※2) (貯湯ユニットに内蔵)
面積 標準設置時 約2.1m2 約2m2
設置スペース奥行 860mm 920mm
希望小売価格
(税込み・設置工事費別)
2,100,000円(※2) 2,980,000円
(※1) LHV(低位発熱量基準):燃料の持つ発熱量から、燃焼によって生じる水蒸気の潜熱を差し引いた発熱量
(※2) 暖房・追いだき・給湯機能を装備した標準タイプ(暖房能力17.4kW)の場合
コンパクトタイプ(暖房能力11.6kW、寸法H600mm×W470mm×D265mm)もお選びいただけます

以上