印刷

「東浜水素ステーション」の建設開始について
〜九州初の都市ガスを利用したオンサイト方式商用水素ステーション〜

平成27年9月15日

 西部ガスは、平成27年9月16日から、福岡市東区東浜に計画している商用の燃料電池自動車用水素ステーション「東浜水素ステーション」の建設を開始します。

 水素ステーションは、環境性の高さから今後の普及が期待される燃料電池自動車(FCV)に、燃料となる水素を供給する設備であり、総合エネルギーサービス企業を目指す弊社においても建設の準備を進めてきました(建設計画は平成27年1月29日に公表済)。
 「東浜水素ステーション」は、九州で初めての都市ガスを利用した商用「オンサイト方式」の水素ステーションです。オンサイト方式はステーション内で水素を製造するもので、本ステーションでは都市ガスのインフラを活用することにより都市ガス(天然ガス)を原料として水素を製造し、水素を安定的に供給することができます。また、本ステーションには、燃料電池自動車への水素充填機能のほか、水素製造設備を持たない他のステーション(※)向けに水素を払い出す機能を備える予定です。
 なお、本ステーションは平成28年3月に運用を開始する予定であり、それに合わせて弊社も燃料電池自動車(トヨタ自動車「MIRAI」)を2台導入する計画です。

 弊社は本ステーションの建設や、水素利用の可能性についての幅広い検討を通じ、水素社会実現へ貢献してまいります。

  • ※「水素製造設備を持たないステーション」=オフサイト方式のステーション

<計画概要>

1. 名   称
東浜水素ステーション
2. 建設予定地
福岡市東区東浜2-9-118(旧福北工場用地内)
3. 敷地面積
1,300m2
4. 供給方式
オンサイト方式(原料:都市ガス)
5. 供給能力
300Nm3/h
6. FCV充填圧力
70MPa
7. 主要構成機器
水素製造装置、水素圧縮機、蓄圧器、ディスペンサー など
8. 水素払出機能
払出圧力 20MPa
9. 発 注 先
日本エア・リキード(株)、大阪ガスエンジニアリング(株)
10.建設期間
平成27年9月〜平成28年3月
11.建設費用
約7億円

以上

≪ご参考≫

【水素ステーションの主な設備】
水素ステーションの主な設備
・水素製造装置
都市ガスと水を約800℃の高温で反応させ、水素を製造する設備
・圧  縮  機
水素を高圧に圧縮する設備
・蓄  圧  器
圧縮機で圧力を高めた水素を貯蔵する設備
・ディスペンサー
水素を燃料電池自動車の燃料タンクに充填する設備
【東浜水素ステーション完成予想図】
東浜水素ステーション完成予想図

以上