お客さま情報(警報器リース契約書)の
紛失について

平成18年3月1日
 
  このたび、当社の協力会社の従業員が、お客さま情報が記載された都市ガス警報器リース契約書1枚(お客さま情報1件分)を紛失するという事態が発生しました。お客さまに大変なご迷惑、ご心配をおかけすることになりましたことを、心からお詫び申し上げます。
  当社は、株式会社総合システム(北九州市)に、ガス工事やガスの開閉栓等の業務を委託しております。2月27日午後2時頃、同社の従業員が、北九州市八幡西区大浦のお客さま宅に都市ガス警報器を取り付け、リース契約書をいただきましたが、27日午後7時頃に外出先から帰社したところ、リース契約書がないことに気づきました。その後従業員は、他の従業員とともに、お客さま宅の周辺等をくまなく探しましたが、発見できませんでしたので、本日午前9時40分に折尾警察署に遺失届を提出しました。
  都市ガス警報器リース契約書には、お客さまのご住所、お名前、電話番号、お客さま番号が記載されていました。
  現在のところ、紛失したお客さま情報が外部に流出し利用された事実は確認されておりません。お客さまには、2月28日午前11時に協力会社が訪問の上、事情を説明しお詫びいたしました。
  当社は、再びこのような事態が起きたことを重く受け止め、より一層の再発防止を図り、これまで以上にお客さま情報の保護に努めてまいります。

都市ガス警報器
    都市ガス警報器は、安全のため任意に設置している商品ですが、お客さまが買い取られる場合と、当社の関連会社である西部ガスリビング株式会社からお客さまへリースする場合とがあり、後者の場合は数年契約でガス料金にあわせて月々リース料金をお支払いいただく仕組みとなっています。

以上
Copyright(C) Saibugas Co., Ltd.