ガス料金の改定等について
平成18年3月16日

 当社は本日、経済産業大臣より、本年4月1日を実施日とする一般ガス供給約款変更の認可を受けました。また当社は本日、選択約款の改定及び託送供給約款の改定を経済産業大臣に届け出ました。
 この結果、供給約款と選択約款を合わせた小口部門全体のガス料金を、現行に比べ平均3.59%引き下げます。供給約款料金は平均2.60%引き下げ、選択約款はお客さまがガスをよりご使用いただきやすいよう料金メニューの拡充等を行うとともに、選択約款料金を平均6.62%引き下げます。
 規制緩和の進展等により、エネルギー市場での競合はますます厳しくなっておりますが、当社は、引き続き経営全般にわたる効率化に努めるとともに、天然ガスの安定供給と普及拡大、保安・サービスの向上に努め、お客さま、地域社会、そして株主の皆さまの信頼に応えてまいります。

モデル家庭における引き下げ額(税込み)
  
1カ月の
ご使用量
改定料金 現行料金 引き下げ額 引き下げ率
40m3 8,666円 8,917円 ▲251円 ▲2.81%
  モデル家庭は、一戸建住宅の厨房、風呂及び給湯(台所、洗面所、シャワーの3箇所給湯)を中心にガスをご使用いただいているお客さま(家族構成:夫婦と子供2人の4人世帯)とし、これを当社管内の使用実態に合わせて算定しました。
  現行料金とは、料金改定を行わなかった場合に平成18年4月〜6月検針分に適用される料金で、原料費調整制度による調整額を含みます。

このほかの主な改定内容
1) 新たな選択約款の設定
  新たに「家庭用高効率給湯器契約」、「業務用厨房パッケージ契約」、「業務用床暖房契約」を設定。
また付帯契約型選択約款として、家庭用選択約款向けの「高効率給湯器割引」、「浴室暖房乾燥機割引」、「セット割引」、業務用選択約款向けの「長期使用契約」を設定。
2) 託送供給約款の改定
  モデル需要における料金単価を9.89%引き下げ。

ガス料金改定等についての詳細はこちら

以上
Copyright(C) Saibugas Co., Ltd.