印刷

バイオガス購入要領の策定と公表について

平成20年4月30日

 西部ガス株式会社は、バイオガスの利用促進により地球温暖化対策へのさらなる貢献を図ることを目的に、当社のガス導管にバイオガスを受け入れ、 当社の原料として購入する際の条件を定めた「バイオガス購入要領」を策定、公表し、本年5月1日から実施いたします。

 バイオガスとは、生ごみ、下水汚泥等の生物由来の有機性資源から発生する可燃性ガスであり、 再生可能エネルギーであることや、カーボンニュートラル(二酸化炭素の増減に影響を与えない)の特性を有することから、 地球温暖化対策の一つとしてその有効利用が期待されています。

 当社は、今後とも、環境性に優れたエネルギーである天然ガスの普及を推進するとともに、バイオガスの有効利用の促進にも努め、地球温暖化問題の改善に貢献してまいります。

≪ご参考≫

■バイオガス購入要領

■バイオガス購入要領の概要

1.実  施  日:平成20年5月1日
2.主な受入条件:
  • (1)バイオガスの受入は、当社の中圧導管で行われること
  • (2)受入量は、受入地点の当社導管能力の範囲内であり、当社ガス事業の遂行に支障を生じないものであること
  • (3)性状および圧力は、当社が供給するガスと同等であること
  • (4)バイオガスの受入に必要となる設備等は、バイオガスの購入を当社に依頼される方にご負担いただくこと
以上