会社概要

経営理念・行動指針

 西部ガスは、エネルギー事業者としての使命を果たすため、「地域貢献」、「責任」、「和」を経営の基本理念として掲げ、誠実かつ公正な事業を着実に展開してまいりました。今後、当社の広汎な企業活動がさらに価値あるものとして社会から認められ、一層の信頼をいただくため、「西部ガス企業行動指針」を定めています。

1. 公正、安心、安全をお約束する企業活動

西部ガスは、エネルギーをはじめとする商品・サービスのご提供にあたり、常に公正、安心、安全を基本とする企業活動を行い、お客さまにご満足いただき、信頼される企業となるよう努めます。

2. 社会とのコミュニケーションと社会への貢献

西部ガスは、企業情報を積極的かつ公正に開示して、社会・お客さまとのコミュニケーションを深めるとともに、地域社会の一員であることを認識し、社会の健全な発展に貢献します。

3. 法令等の遵守と公正競争の遂行

西部ガスは、法令及びその精神を遵守するとともに、公正、透明、自由な競争を積極的に進めます。

4. 従業員の人格、個性の尊重と働きやすい職場環境の確保

西部ガスは、従業員一人ひとりの人格、個性を尊重するとともに、働きがいがあり、仕事を通じて人間的な成長を図ることのできる企業を目指します。また、西部ガスは、安全で活力に満ちた働きやすい職場環境の確保に努めます。

5. 環境問題への取り組み

西部ガスは、クリーンエネルギーの供給、エネルギーの利用効率の向上に努めるとともに、地域社会の環境保全に資するための取り組みを積極的に進めます。

6. 反社会的な個人・グループへの対応

西部ガスは、社会の良識を尊重するとともに、社会の秩序や安全に脅威を与える個人・グループの利益となる行為はいたしません。

7. 経営トップの率先垂範と不祥事発生時の対処

経営トップは、本指針の実現が自らの役割であることを認識し、率先垂範するとともに、社内での倫理意識の涵養に努めます。また、本指針に反する事態が発生したときには、経営トップは、原因究明・再発防止にあたり、権限と責任を明確にしたうえで、厳正に対処します。