緊急のとき、お困りのときは(プロパンガス)

ガス漏れに気づいたら

ガス漏れ緊急電話へご連絡ください。

西部ガス熊本のガス漏れ緊急電話は こちら
西部ガス長崎のガス漏れ緊急電話は こちら
西部ガス佐世保のガス漏れ緊急電話は こちら

点検を受けるまでプロパンガスを使わないでください。

ガスのニオイに気づいたら

室内の火は全部消してください。

※マッチをすったり、タバコを吸ったりしないでください。ガス栓・器具栓を閉めてください。

ガス栓・器具栓を閉めてください。

ガスもれ警報器が鳴ったら

コンセントやスイッチに触れないでください。

※火花が出てガスに着火するおそれがあります。換気扇は絶対に回さないで!回っている換気扇はそのままにしてください。

扉や窓を十分に開けてください。

※風通しを良くしてガスを屋外へ追い出してください。

災害にあったら

火災のときは

容器バルブを閉めてください。また消防署員などに容器の位置を知らせ、後の処置を頼んでください。

地震のときは

ガス栓・器具栓を閉め、火をすべて消します。揺れの大きなときは、おさまった後で戸外の容器バルブも閉めてください。

台風や洪水のおそれがあるときは

容器バルブを閉め、容器が倒れたり、流されたりしないようロープなどでしっかり固定してください。

容器バルブの閉め方

災害のときに容器バルブを閉めることは、二次災害の防止にも役立ちます。 容器バルブを閉めるときは、時計と同じ右に回すと閉まります。

マイコンメータ

ガス漏れなどLPガスの流れに異常があると、ガスメータに内蔵されたマイコンと遮断弁が働き、ガスを遮断します。

S型、SB型、H型マイコンメータは大きな地震の際にもガスを止めるなど、保安機能がさらに充実しています。

ガスが大量に流れ出たとき 使っていないガス栓を開いてしまったり、ゴム管のはずれなどで不自然に大量のガスが流れると、自動的にガスを遮断します。
消し忘れたとき お風呂のつけっぱなしなど、必要以上に使用時間が長いと、自動的にガスを遮断します。
大きな地震が発生したとき 感震器付きのタイプのものは、ガスを使用中に大きな地震(震度5程度以上)を感知したとき、自動的にガスを遮断します。

マイコンメータがガスを遮断した後、自分でできる復帰方法

1.ガス栓・器具栓をすべて閉じる。

2.復帰ボタンを押してすぐに離し、1〜2分間待つ。

※ ボタンにキャップのあるタイプもあります。

※復帰ボタンを押した後、ガス漏れがないかどうかマイコンメータが1〜2分間、安全確認をしています。異常がなければ、赤いランプ(または液晶)の点滅が消え、ガスはもとどおりご使用になれます。 (なお、正常に復帰しない場合や、不明な点がある場合は当社にご連絡ください。)

ガスもれ警報器

ガスもれをすばやく感知し、ブザーや音声で知らせます。

CO(一酸化炭素)警報器

不完全燃焼などで発生したCO(一酸化炭素)を感知し、ブザーや音声で知らせます。

ヒューズガス栓

ゴム管がはずれたり、ガス栓が誤って開かれガスが流れた時に、自動的にガスの通路を遮断しガスを止めます。

ガス機器を安心・安全にご利用いただくために