ガス機器を安心・安全にご利用いただくために

資産/設備の管理区分

ガス小売事業の場合

『資産』としては二つに分けられます。

ガス事業者の資産とお客さまの資産

※お客さまの敷地内にあるガス管はお客さまの資産です。古くなったガス管は早めの交換をお願いします。
 ガス管交換のお願いについて詳しくはこちらをご覧ください。

小規模導管供給事業の場合

『設備』としては二つに分けられます。

供給設備とは

容器からガスメータまでのことです。この部分は当社が責任をもって管理します。

消費設備とは

ガスメータの出口からガス器具まで(容器によりガスを購入される場合は、容器からガス器具まで)のことです。お客さまの責任で安全にご使用ください。

供給設備とは

安全に使用するためのチェックポイント

ガス器具をご使用の際は

LPガス用器具を必ずご使用ください。
都市ガス用器具は使用できません。
安全装置付きのガス器具の使用をおすすめします。

点火・消火は必ず目で確かめてください。

ガス器具の近くに、燃えやすいものは置かないでください。
風や煮こぼれで火が消えたり、天ぷらを揚げているときに、鍋の中の油が高温になりすぎることがあります。LPガスの使用中は、その場を離れないようにしてください。 ガス栓は、使用時には全開で、使用後は完全に閉じてください。ご使用になるときはガス栓を全開で、また終業時には、ガス栓、器具栓が完全に閉まっていることを確認してください。

ガス栓や容器バルブ等は安全に取扱ってください。

使用していないガス栓には、キャップをつけてください。
長期間ご不在になるときは、容器バルブを閉め、当社にご連絡ください。
配管やガス栓をアースの代わりに使用しないでください。

いつも青い炎でご使用ください。

LPガスをご使用の際は、炎は必ず「青い炎」でご使用ください。
赤っぽい炎は、不完全燃焼をしている炎です。

換気に注意してください。

室内でガス器具を使用するときは、換気扇を回したり、ときどき窓を開けて十分に換気をしてください。

LPガスが燃えるためには、たくさんの空気を必要とします。
換気が十分に行われないと、酸素不足や室内に排気ガスが充満して不完全燃焼を起こし、有害なCO(一酸化炭素)を発生するため、たいへん危険です。

小型湯沸器は長時間使用しないでください。

ゴム管はときどき点検し、早めに交換してください。

ゴム管は、ガス栓の赤い線のところまで差し込んで、ホースバンドでしっかりとめてください。
ゴム管は長くしたり、物かげを通したり、折り曲げたりしないでください。
三つ又は危険なので、絶対に使用しないでください。
ひび割れなどが発生しているゴム管は使用しないでください。

ゴム管からのガスもれは、石けん水を塗り泡が出るかで分かります。 (泡が出た場合はすぐにゴム管を交換してください。)また点検後はきれいに拭き取ってください。

定期的なお手入れ

ガス器具を安全に使用するには、取扱説明書をよく読み、普段からお手入れしましょう。

ガス小型湯沸器

上部に汚れや詰まりがないか時々チェックしてください。熱交換器に目詰まりがあると、不完全燃焼の原因となることがあります。

ガス暖房機器

FF暖房やファンヒーターは、裏側のエアフィルターの目詰まりを掃除しましょう。

ガスコンロ

バーナーの目詰まりは、不完全燃焼の原因に。時々、器具ブラシなどで掃除しましょう。

ガス器具に関する注意

CO中毒に注意

LPガス自体には毒性はありません。しかし、不完全燃焼を起こすとCO(一酸化炭素)が発生します。COはきわめて強い毒性をもっており、その物性は空気とほぼ同じ比重で、無色・無臭のためほとんどその存在に気がつきません。

CO(一酸化炭素)中毒の症状
CO濃度 吸入時間と中毒症状
0.01% 数時間の呼吸後でも目立った症状はない
0.02% 1.5時間後には軽度の頭痛を起こす
0.04〜0.05% 1時間後に頭痛、吐き気、耳鳴りを起こす
0.08〜0.10% 1〜1.5時間後に意識を失う
0.15〜0.20% 0.5〜1時間で頭痛、吐き気が激しくなり意識を失う
0.40%以上 短時間でも吸引すれば生命が危険な状態になる

「煙突(排気筒)のある燃焼器具を室内でご使用の場合、アパート・マンション等の気密性の高い住宅では、大型湯沸器やふろがまを使いながら換気扇を回さないでください。排気ガスが逆流して、CO中毒を起こすことがあります。
また、排気筒内に鳥が巣をつくってしまい、排気を妨げて不完全燃焼を起こすことがあります。排気筒が壊れていたり、物等で塞がれたりしていないかご確認ください。壊れている場合は、ただちに当社にご連絡ください。

大切なおしらせ

開放式小型湯沸器、屋内設置の自然排気式ふろがま(※1)、自然排気式給湯器、強制排気式湯沸器および強制排気式ふろがま(※2)をご使用のお客さまは、ガスを安全にご使用いただくために以下のことにご注意ください。

※1:ふろがま本体が浴室内に設置され、排気は排気筒を用いて自然通気力で屋外に排出されるもの

※2:機器本体が室内に設置され、排気筒に排気扇が設けられており、排気扇によって強制的に排気するもの

開放式小型湯沸器をご使用のお客さま

古い小型湯沸器には不完全燃焼防止装置が付いていません。不完全燃焼防止装置付きの新しい機器にお取り替えをおすすめします。

・ふろや洗濯機への給湯、シャワーには絶対に使用しないでください。

・使用中に火が消えた時は、繰り返し使用せずにご連絡ください。

・小型湯沸器を使用中は必ず、換気扇をまわすか窓を開けてください。 新鮮な空気が不足すると、不完全燃焼をおこすおそれがあります。

屋内設置の自然排気式ふろがまをご使用のお客さま

室内の排気筒のあるふろがまの給排気は、

@排気筒からの逆流がないことを確認していますか?
A鳥の巣が排気を妨げていませんか?
B排気筒の先端は屋外に出ていますか?
C吸気口がふさがっていませんか?

自然排気式給湯器をご使用のお客さま

@鳥の巣やゴミなどで、排気口がふさがっていませんか?
A排気筒に穴あきや金属の腐食がありませんか?
B排気筒の連結部がはずれたりしていませんか?

強制排気式湯沸器および強制排気式ふろがまをご使用のお客さま

@煙突の穴あき、はずれはありませんか?※固定金具により堅固に固定されていることもご確認ください。
Aお湯を出したとき、ファンが回転していますか?
B機器の吸気口にホコリが詰まっていませんか?
C電源プラグはコンセントに差し込んでいますか?
D吸気口はふさがっていませんか?
E煙突の先端の金属が腐食していたり、鳥の巣などの異物が詰まっていませんか?
Fお湯を出したとき、ファンが回転していますか?
G煙突の穴あき、はずれはありませんか?※固定金具により堅固に固定されていることもご確認ください。
H煙突の先端の金属が腐食していたり、鳥の巣などの異物が詰まっていませんか?
I電源プラグはコンセントに差し込んでいますか?
J吸気口はふさがっていませんか?
K排気あふれ検知器ははずれていませんか?
L万一の時にガスを止めるための電磁弁を、作動しないように紐などで固定していませんか?大変危険ですので、絶対にお止めください。
M排気が正しく行われていますか?※定期的に線香などの煙でご確認ください。

不完全燃焼による中毒事故を防ぎましょう。

屋外設置用のガス機器を波板などで囲わないでください。

事故を未然に防ぐためにも十分ご注意ください。
屋外設置用のガス機器を波板などで囲うと、新鮮な空気が不足し、不完全燃焼による事故やガス機器の故障の原因となります。 増改築による屋内化や波板などで囲う場合には、給排気設備が必要となります。

ガス機器は正しく設置されていないと一酸化炭素による中毒事故など、大変な事故が起こる危険性があります。注意事項を守って正しくお使い下さい。

屋内式ガスふろがま使用時は、換気扇使用禁止!

ガスふろがまの使用中は、台所や脱衣所の換気扇を使用しないでください。浴室内に排気が逆流して一酸化炭素中毒(CO中毒)の原因になります。

業務用厨房でガスをお使いのみなさまへ

ガス機器の取扱説明書をよく読んで、正しい使い方を確認しましょう。

必ず換気(給気と排気)

ガス機器を使うときにはまず換気。充分な給気を確保しましょう。換気設備を動かし、空気が吸い込まれていることを確認しましょう。

火から離れない

使用中は火元を離れない、離れるときは火を消しましょう。

火を消したらガス栓も

正しい操作で火を消して、ガス栓も閉めましょう。

日々のお手入れ

ガス機器はもちろん換気設備や厨房の給気口・排気口にも注意しましょう。

ガス・CO警報器の設置

警報器の設置をおすすめします。特に、ガスもれと不完全燃焼を両方検知する警報器をおすすめします。もしもの時もランプと音で危険をお知らせするので安心です。

緊急のとき、お困りのときは