天然ガス自動車

天然ガス自動車

天然ガス自動車の特徴

1排出ガスがクリーン

  • 地球温暖化の原因となるCO2(二酸化炭素)の排出量を、ガソリン車より2〜3割低減できます。
  • 光化学スモッグ・酸性雨などの環境汚染を招くNOx(窒素酸化物)、CO(一酸化炭素)、HC(炭化水素)の排出量が少なく、SOx(硫黄酸化物)は全く排出されません。
  • 黒煙は排出されず、粒子状物質はほとんど排出されません。

2実用車としてあらゆる分野で活躍中

バス、塵芥車や配送トラックなどディーゼル代替分野、業務用バン、軽自動車、乗用車、フォークリフトなどガソリン代替分野のいずれでも、幅広く活躍しています。

3優れた走行性能

  • 走行性能や燃費はガソリン車やディーゼル車など従来車と同等です。
  • オクタン価がガソリン等より高く(メタンのオクタン価は130程度)、エンジンの圧縮比を上げて効率を高めることができます。
  • 気体燃料であるため、冬場でもエンジンスタートがスムーズです。
  • ディーゼルエンジンと比べた場合、騒音・振動が大幅に改善され、優れた静粛性を発揮します。

4走行距離

一充填当りの走行距離は300km程度で、日常の使用では問題ありません。最近では、炭素繊維を用いたFRP容器など軽量容器を採用し、搭載本数を増やすことで、従来車とほぼ同等の走行距離を確保できるようになりました。

5車両重量

FRP容器やオールコンポジット容器など軽量容器の開発・採用により、乗車定員、積載量は従来車とほぼかわらなくなりました。