電気料金のしくみ

電気料金のしくみ

月々の電気料金は、基本料金と電力使用量に応じて算定する電力量料金に燃料費等調整額、再生可能エネルギー発電促進賦課金(再エネ賦課金)を加えたものです。

電気料金

  • ※燃料費調整単価は、燃料価格により毎月変動するしくみになっているため、燃料価格の高騰により、大きく変動する場合があります。

燃料費等調整額

燃料費等調整額とは

燃料費等調整額とは、燃料価格(原油・液化天然ガス・石炭)の変動を電気料金に反映させるため、3か月間の平均燃料価格が、基準となる燃料価格から変動した場合、変動分に応じて毎月の電気料金を調整する仕組みです。
毎月の燃料費等調整単価については、ホームページ内に公開しております。
詳細は資源エネルギー庁のHPをご確認ください。

燃料費調整単価について

燃料費調整単価の算定式は以下の通りです。

平均燃料価格が27,400円を上回った場合(プラス調整)

燃料費調整単価

平均燃料価格が27,400円を下回った場合(マイナス調整)

燃料費調整単価

※小数点以下第3位で四捨五入します。

離島ユニバーサルサービス調整単価とは

一般送配電事業者は需要家保護の観点から離島の需要家に対するユニバーサルサービスとして本土並みの料金水準で電気の供給を行なうことが義務付けられています。そのため、離島供給に係る火力燃料費の変動を託送料金に反映して、全てのお客さま(本土・離島)に負担していただく仕組みとして離島ユニバーサルサービス調整制度が導入されています。
当社の燃料費調整単価、離島ユニバーサルサービス調整単価については、ホームページ内でお知らせしております。

再生可能エネルギー発電促進賦課金
(再エネ賦課金)

再エネ賦課金とは、固定価格買取制度で再生可能エネルギーで発電した電気を購入するために、電気をご利用いただいている全てのお客さまにご負担いただくものであり、毎月の電気料金と一緒にご請求しております。
詳細は資源エネルギー庁のHPをご確認ください。