エネファームのエネファーム特長・機能

エネファームが選ばれる

4つのポイント

ポイント1エネルギーのムダがなくなります。

発電所で電気をつくる時に発生する大量の熱は利用できずにやむなく捨てられています。エネファームなら自宅で発電するので、排熱を有効に利用できエネルギーをムダなく使えます。

●エネルギー利用効率の比較

〈エネファーム〉

約97%エネルギー利用効率

〈火力発電所〉

約40%エネルギー利用効率

  • ※出典:エネルギーの使用の合理化に関する法律
  • ※低位発熱量基準(LHV):燃焼ガスを完全に燃焼させた時に、水蒸気の凝縮潜熱を差し引いた発熱量
  • ※エネファームはパナソニック製

●年間CO2 排出量削減効果

エネファームを1年間使う 約1,200kg削減=杉の木に換算すると約89本の植林に相当

試算条件はこちら

  • 環境にやさしいエネファームは、CO2を年間で約1,200kgも削減!
  • エネファームはCO2を減らせる環境にやさしいシステム。普通に暮らすだけで、ムリなくエコを実現できます。

ポイント2ガス料金と電気料金トータルで年間の光熱費がおトク!

エネファームは、ガスを使って発電するので電気料金を削減。さらに家中のガス料金がお得になるプランの適用により、光熱費をトータルで抑えることができます。

●年間購入電力量の比較

エネファームがつくる電気を使うことで購入電力量を削減。発電時の熱を給湯に利用できて効率的。

購入電力量を約46%削減!

●年間光熱費の比較

ガスの使用量は増えますが、お得な料金プランの適用によってトータルで光熱費を削減できます。

年間光熱費を約71,200円削減!

  • 試算条件
  • 〈当社モデルケース戸建 4人家族、延床面積:戸建150m2
  • ●負荷(年):給湯約 14.2GJ、暖房約 15.9GJ、冷房約 12.6GJ、一般電力約 13.2GJ、厨房約 1.1GJ
  • 【ガス料金】
    ◇エネファーム / 「マイホーム発電メリット」契約
    ◇従来システム(給湯暖房機)/「ホットメリット」床暖房契約 +「バス割」
  • 【電気料金】
    ◇エネファーム / ブラスでんきプラン1
    ◇従来システム(給湯暖房機) / 従量電灯料金B
    • ・ガス料金と電気料金は、西部ガスと九州電力の2020年5月時点の単価(原料費(燃料費等)調整額を含む)を適用し、再生可能エネルギー発電促進賦課金、消費税等相当額を含みます。
    • ・エネファームはパナソニック製
    • ・CO2排出係数:ガス 2.29kg-CO2/m2(出典「西部ガス公表値(HP 等参照)」) 電気 0.65kg-CO2/kWh (出典「中央環境審議会地球環境部会目標達成シナリオ 小委員会中間取りまとめ(平成13年7月)」より)その他出典「全国地球温暖化防止活動推進センターウェブサイト」
    • ・杉の木のCO2吸収量 13.9kg-CO2/ 年(出典「林業白書 (平成9年)」より)
    • ・数値はあくまで参考です。お客さまの使用状況で異なる場合があります。

家庭用コージェネレーションシステム契約(マイホーム発電メリット) 家庭用コージェネレーションシステム契約(マイホーム発電メリット)

P R E M I U M H E A T I N G 発電時に発生する熱を床暖房に利用して光熱費を節約! P R E M I U M H E A T I N G 発電時に発生する熱を床暖房に利用して光熱費を節約!

ポイント3暮らしに合わせた自動運転で、かしこく発電

エネファームは、各家庭の電気とお湯の使用パターンを記憶する学習機能を搭載。生活パターンに合わせて最も効率的に自動運転してくれるので、知らないうちに省エネ生活をサポートします。

●大画面カラーリモコン

  • エネルギーの見える化で
    毎日楽しく省エネ!!

    【台所リモコン画面】(パナソニック製イメージ)

    【台所リモコン画面】
    (パナソニック製イメージ)

  • 見やすいカラー大画面に、毎日どれくらい電気やガスを使ったりCO2を削減できているかなど、グラフやイラストで見やすく表示。使っているエネルギーが見えると、家族みんなの省エネ意識も高まります。

●運転イメージ

エネファームの発電量は200Wから700W。発電していない時や使用量が700Wを超える場合は電力会社の電気を使用します。

1日の運転イメージ例

1日の運転イメージ例

左右にスライドして
ご確認いただけます。

  • ※パナソニック製の運転イメージ図です。
  • ※ご使用のお宅によって運転パターンは異なります。
  • ※学習機能はパナソニック製のみです。

ポイント4もしものときにも電気とお湯が使えます。

停電発生機能付タイプなら、停電した場合でも発電と給湯を行うので安心。
照明や床暖房などが普段通りに使えます。また、断水の時は、貯湯ユニットのお湯(水)を雑用水として取り出すことも可能です。

  • ※パナソニック製エネファームの場合

●停電時の使用イメージ

(停電時発電継続機能付【内蔵型】:エネファームはパナソニック製)

停電時の使用イメージ

  • ※貯湯ユニットがお湯で満たされると、通常発電時と同様にエネファームは停止します。それを回避するために停電時の排熱処理として浴槽への自動排水動作(たし湯)を設定できます。

●停電時の運転イメージ

(停電時発電継続機能付【内蔵型】:エネファームはパナソニック製)

エネファームの停電時発電継続機能があれば、停電になっても照明や床暖房も使えるのでさらに安心。

停電時の運転イメージ

停電時の運転イメージ

左右にスライドして
ご確認いただけます。

  • ※グラフは一例であり、実際の電気・お湯のご使用状況によって発電時間は異なります。
  • ※停電したときにエネファームが発電していない場合は、発電継続機能は働きません。しかし、パナソニック製エネファームの場合、停電中にエネファームが停止した状態でも、市販の蓄電池や発電機等のAC100V 電源を用いて起動が可能です。
  • ※エネファームが発電していない場合やガスと水道の供給が停止している場合は発電継続運転は働きません。
  • すべての市販の蓄電池、発電機での起動を保証するものではありません。なお、起動には、〈電圧AC101V±6V、電力1kW以上、容量500Wh以上〉等の条件を満たすことが必要です。
  • ガスと水道が供給状態であることが必要です。